« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

ローマ最終日

飛行機が夜の便なので、余裕で時間があるローマ最終日。

せっかくだから、ベルニーニの「ハバククと天使」のあるサンタ・マリア・デル・ポポロ教会に行ってみました。
閉まっていて入れませんでした・・・。weep

丸は、教会の側の広場にあった噴水のライオンに登って満足そうです。

11072301

広場の向かい側にあった双子の教会(勝手に命名)に入ってから、最後のサン・ピエトロ詣でをすることにしました。

110723

そう、せっかく絵葉書を書いたので、ヴァチカンのポストから出すことにしたのです。重い・・・。

11072302

大聖堂に入るだけの時間はないので、広場をノンビリ歩いたり、ヨハネ・パウロ二世の特別展を見たり。

これは、サン・ピエトロ広場にある方角を示すレンガ。全部で16枚ありました。

11072303

最後は、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂へ。聖母マリアの聖堂として世界最大だそうです。

11072307

近くのテルミニ駅のショッピング・モールを覗きながらホテルに戻り、さてタクシーで空港へ。涼しいコペンハーゲンへ戻るぞ~。

足が痛くて眠れなくなるほど沢山歩き回ったローマ。また、訪れる機会があるといいなあ。

| | コメント (0)

昔の官庁街? フォロ・ロマーノ

ローマ初日に、丘の上から、ちょっとだけ覗いたフォロ・ロマーノ。

ローマ人の物語を読んでいるペンギンパパにとっては、是非足を運びたい所です。

11072201

かくれんぼに最適?

11072202

マクセンティウスのバジリカ

11072203

セヴェルスの凱旋門

11072204

夏丸、よく頑張った!!!この日のローマは、最高に暑かった!さ、お昼寝かなあ?

食事の後、2日前に見つけたワイングラスを買いに行きました。ついで?に教会見学。

たぶん、サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会。この教会の見どころは、ミケランジェロ作の「十字架を持つキリスト」。

そして、教会の前にベルニーニの作の「オベリスクをのせた象」があります。

11072205

さて、ローマ最後の夜。
ちょっと疲れちゃったけど、頑張ってサンタンジェロ城の夜景を見に行きました。

お城よりも、サンタンジェロ橋から見えるサン・ピエトロ大聖堂の美しいこと!

11072206

最後の晩餐は、ナヴォナ広場のトラットリアで。

ローマで食事をして、ペンギンパパが不思議に思ったことは、食事の値段だそう。
中心街で食べても、ちょっと裏の方で食べても値段が同じだったから。

日本だったら、銀座はお高いけど、有楽町は少し安め?

ナヴォナ広場のお店のオジサンは、独りでテキパキとテーブルを切り盛りしていましたっけ。こういう方にこそ、チップを差し上げたいものです。

11072207

さあ、とうとう明日の夕方、ローマを離れますよ。

| | コメント (1)

青の洞窟は幻か * カプリ島

ガイドブックで、「青の洞窟」が紹介されていました。ローマから日帰り可と書いてあります。

「よし、青の洞窟に行こう!どこか知らないけど・・・。」

はい、「青の洞窟」は、カプリ島です。カプリ島へは、バスでナポリまで行き、そこから船に乗ります。

てっとり早く、マイバス・ツアーに乗りました。

ナポリの港に到着。みんな、海水浴に行くような格好ですね。

11072101

高速船で1時間の船旅です。う~ん、大丈夫かなあ。反対側の席では、さっそく真っ青になっているオバチャンが・・・。

丸は、気持ちが悪い、と言っても吐いたりしないので、大したものです。

アザラシママは、三宅島に行った時は大丈夫だったけど、オーストラリアのヘロン島に行った時はもう絶不調で、帰りの船をキャンセルしてヘリコプターにしてもらった過去が・・・。

11072102

船旅を頑張ったご褒美は・・・、真っ青な海と空!!

11072103

丸は、リフトに独りでは乗せてもらえません。行きはママと一緒。帰りはパパとね。

だって、リフトに乗りながら、葉っぱや枝に手を伸ばそうとするんだもん。まだまだ独りにはできません。

11072104

11072105

レストランでご飯だよ~!
リゾットは食べられなかったけど、お魚はちゃんと食べたよ!

11072106

波が荒くて、青の洞窟には行けなかったけど、代わりに、山から絶景を見られました。

さあ、また船に乗るよ。

帰りは、ゆったりした二階席に座れたので、コックリコックリ気持ち良く揺られながら帰れました。

11072107

いつか、また、青の洞窟を見に来ようね。

| | コメント (0)

天使の城、サンタンジェロ城

とりあえず、必見の場所は抑えたので、今日からは夏丸一家仕様ののんびりムードです。

前回、早足で通り過ぎたナヴォナ広場で、ゆっくり日光浴(暑っ)&アイス&ビール!

11072001

「四大河の噴水と鳩」 by 夏丸

11072006

ナヴォナ広場からコロナイ通りを抜けて・・・。

11072002

天使の待つサンタンジェロ城へと着きました。

11072003

サンタンジェロ橋では、10人の天使がお出迎え。

11072005

サン・ピエトロ大聖堂には登らなかったけど、サンタンジェロ城は登りますよ。

11072008

11072007

頂上では、大天使ミカエルが待っていてくれました。

11072004

いい眺めです!

11072009

今晩は、念願のお寿司屋さんに行きまーす!

| | コメント (0)

タイム・エレベーター in Roma

こちらの行きたい所ばかりでは、夏丸も可哀想・・・。キッズ向けのモノがないか探したところ、観光案内に「タイム・エレベーター」なるものを発見。

ライドに乗った子供たちと鎧を着た昔のローマ兵の写真が載っています。

う~ん、きっと、ちょっとした遊園地のようなのでもあるのかなあ?
ローマの歴史を体験できる・・・と書いてあります。大人にも面白いかも。

本日の夏丸へのご褒美は、「タイム・エレベーター」に決まり!

で、どこにあるの?

こういう時に頼りになるのが、地図マニアのペンギンパパ。

そのパパでさえ苦労したタイム・エレベーターの場所。

ぜーったい観光客には分からないよっ!看板出してよ、看板!

何となく、地元の小さな映画館といった趣で、大丈夫かなあ・・・・と不安がよぎりました。

え~、何というか、仕組みは、動く座席に乗って大画面を観るという、ディズニーランドのスター・ツアーズみたいなものです。

で、観る内容がローマの歴史。これは、良かった。でも、動く必要があるのか?

ローマ建国の伝説、ロムルスとレムスの話とか、シーザーの話とか、ミケランジェロがシスティナ礼拝堂の天井画を描く話とか、興味深いモノばかりなのに、動くから酔ってしまって酷かった。

夏丸は、映画はそっちのけで、ライドが動くのが楽しかったようで、「もう一回、もう一回!」と大騒ぎでした。

だめ・・・、ママは耐えられない・・・。普通の映画にして欲しかった・・・。フラフラの頭でふと考えた。何で「エレベーター」なんだろう?意味わかんないよ。

| | コメント (0)

教会めぐり

システィナ礼拝堂を観たあと、サンタンジェロ城に行く予定だったのですが、丸が疲れてしまったので、一旦、シエスタ・タイム(笑)。

丸に限らず、ずーっと歩きづめで足が痛い。実は、足が痛くて眠れないほどでした。普段の運動不足が祟ってます。

が、私たちには時間がないのよ~!と言うことで、お昼寝の後は、近所の教会を攻めます。

まずは、テルミニ駅の近所にある「サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会」。昔は浴場だったそうなので、カラカラ浴場の代わりに遺跡が見られるかと行ってみました。

11071908

浴場の遺跡っぽいのが、ほんの少し。

11071910

どうやら、ガリレオ・ガリレイにゆかりのある教会のようです。

11071909

デリ・アンジェリ教会から坂を登って行くと「サンタ・マリア・デッラ・ビットーリア教会」です。
ここには、ベルニーニの「聖テレジアの法悦」を見にきました。

11071912

11071911

そして・・・ちょっと頑張って、スペイン広場まで。歩いたぞ~!

11071905

もう、疲れて歩けない・・・?

11071906

この後、久々に日本食を食べに行く予定だったのですが、目的地に行ってもお店がない!最近、閉店してしまったそうです。

丸が嘆くこと、嘆くこと。日本食レストランを改めて探すことにして、今晩は近所のトラットリアでピザとリゾット。お腹すいたあ!!

11071907

| | コメント (0)

ヴァチカン博物館&システィナ礼拝堂

今朝は、早起きしてシスティナ礼拝堂ツアーです。久々の日本語ツアーで有難いです。

礼拝堂では、写真が撮れないことと、静かにしなければならないので、お庭でガイドさんが説明をしてくれました。

11071901

ピオ・クレメンティーノ美術館を通り、タペストリーのギャラリー、地図のギャラリーを抜けると・・・。

11071902

11071903

「ラファエロの間」です。

大昔に画集で見ていた、大好きな「アテナイの学堂」を・・・生で見る日がくるなんて・・・。

11071904

そして、この後には「システィナ礼拝堂」が待っています。

ミケランジェロの「最後の審判」、天井画に加え、ボッティチェリの壁画など、贅沢極まりない豪華さです。

これは、パブリック・ドメインの画像↓

Last_judgement

こんなのに囲まれて、心穏やかに礼拝できるんでしょうか?いやはや、凡人には想像もつきません・・・。

| | コメント (0)

サン・ピエトロ大聖堂へ

ローマ観光の次は、バスでヴァチカン市国へと参ります。

またまた、大行列を尻目に、お先に失礼させていただきました。

11071805

いよいよ、サン・ピエトロ大聖堂の中へ。

11071806

ベルニーニ作の大天蓋(バルダッキーノ)

11071809

ミケランジェロ作「ピエタ」。
昔は直に見られたそうですが、今はガラス越しです。唯一、ミケランジェロのサインが入っている作品だとか。

11071810

ベルニーニが設計したサン・ピエトロ広場。ローマに来るまでベルニーニって知りませんでした。ローマは、どうやらベルニーニだらけのようです。

11071807

| | コメント (0)

トレビの泉からナヴォナ広場へ

今日も午前中から歩きますよ~!

まずは、トレビの泉でコインを投げて、パンテオン、ナヴォナ広場まで。

11071801

ローマの至るところにあるオベリスク。夏丸、またまた支えちゃいますよ。
ピアッツァ・デ・ラ・ロトンダというラムセス二世のオベリスクだそうです。(エジプトのモンじゃん。)

11071802

パンテオン。 古代ローマの神殿です。

11071803

11071808

ナヴォナ広場にあるベルニーニ作「四大河の噴水」。
えっと、四大河は「ナイル、ガンジス、ラプラタ、ドナウ」だそうです。黄河じゃないんだね。

11071804

| | コメント (0)

ローマの観光は徒歩が基本?

午前中ゆっくりしながら、日程を決めます。

まずは、お得意のガイド・ツアー。コロッセオもシスティナ礼拝堂も、ウフィッツィ同様に長蛇の列になるようです。その点、ガイド・ツアーだと列に並ばずに済むので、旅行者には時間の節約になって有難いです。

今日の午後は、市内めぐり。コロッセオ、フォロ・ロマーノなどを見学します。

バスを使うと書いてあったけど、ホテルから現地までがバスで、それ以外は徒歩でした。うう・・。

コロッセオ。大きい~!やっぱり「百聞は一見にしかず」だあ。も一回「グラディエイター」観たくなったわ。

11071701

夏丸も、一人前のカメラマンでーす。

11071703

コロッセオの側には、コンスタンティヌスの凱旋門。

11071704

丘の上からフォロ・ロマーノを眺めた後は、ミケランジェロが設計したカンピドリオ広場に向かいます。うしろの2体の像は、カルトスとポルックスだそうな。

11071705

はい、良く歩きました。夜ごはんが美味しく食べられますね。
今夜は、ホテルの近くにある地下のレストランでオイスターを頂きまーす。

| | コメント (0)

Summer Holiday in Roma

7月16日から23日までローマに行きます!

何となくヤケになっている気がしますが・・・。

ローマへは直行便があるので、なんと2時間半で着いてしまいます。フィレンツェより近い!

夕方の便なので、ペンギンパパもゆっくり荷造りできます。

-----*-----

今回の宿は、スター・ホテル・メトロポール。テルミニ駅にも共和国広場にも近い、安すぎず高すぎず、周りにレストランが沢山ある便利な場所です。

11071601

| | コメント (0)

サマー・スクールのドラマ発表会 第2弾

さて、サマー・スクール第2週にして最終週。またまた、ドラマ・クラスの発表会です。

夏丸は、2週目の午後のアート&デザインを勝手にスポーツに替えていました。ま、いいんですけどね。当人が好きな方で。

このドラマ・クラスでは、去年同じクラスでデンマークの現地校に転校してしまったマラーンが一緒だったので、夏丸は大喜びでした。

"Adventure Island"

両親が留守の間にボートで無人島に遊びに行った姉妹が、フェアリーにあったり、親切な恐竜にあったり、最後には宝物を見つける・・・話のようです。

11070801

11070802

とうとう、今週でサマー・スクールも終わり。楽しかったね。もっとあるといいのにねえ・・・。

| | コメント (0)

サマー・スクールのドラマ発表会

サマー・スクール第1週目。ドラマ・クラスの発表会が行われます。

そう言えば、セットを作ってるって言ってたっけ。1週間で練習とセット作り・・・凄いなあ。

"The Evil King steals three princess"

ある国にクィーンがいました。クィーンには、二人のプリンセスがいて、一人のプリンセスが三つ子のプリンセスを産みました。
この三つ子のプリンセスが誘拐されて、ヒーローに救われる。
・・・という、プリンセスだらけ(笑)のお話のようです。

11070101

11070102

11070103

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »