« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

桜桃の収穫

今年は、サクランボの当たり年のようです。

手の届くところだけを摘んでも、ボールにいっぱいになってしまいます。

アザラシママの密かな楽しみは、家に戻ってきたときに、玄関脇のサクランボをちょっと摘んでオヤツにすること。

11062801

夏丸は・・・摘むのは好きだけど、食べないんですよねえ。果物嫌い、困ったもんです。

| | コメント (0)

サマー・スクール

夏丸の通うインターは、6月22日が学年末。8月17日まで、ながーい夏休みに入ります。

例年、夏休みには日本に戻る夏丸一家ですが、今年は引越しの予定が入りそうな、入らなそうな・・・微妙な状況になってしまったので、デンマークに留まることにしました。

さて、困るのは遊び相手のいない夏丸と、遊び相手をするのが疲れるアザラシママ。

そこで、インターで開催されるサマー・スクールに参加してもらうことにしました。

夏丸が選んだのは、1週目は、チア・リーディングとドラマ。2週目は、アート&デザインとドラマ。

朝9時から午後3時まで、学校と同じように通えます。有り難や~!

| | コメント (0)

夏至祭

夏至です。昼と夜が同じ長さになる日です。

デンマークでは、大きな焚き火をしてお祝い?するそうです。

近所の公園(と言っても一周するのに1時間くらいかかりそうな広い公園ですが。)で、22時から焚き火をすると聞いて、行ってみることにしました。

すでに大勢の人が集まり、歌を唄っています。

11062303

子供たちは、焚き火の周りで走り回り、大人たちはお喋りをしながら、焚き火が小さくなるのを眺めています。

夏丸は、姿が隠れてしまうくらいの雑草の迷路を探検しています。

11062302

11062301

夜の10時を過ぎて、やっと暗くなってくる北欧の夏至でした。

| | コメント (0)

夏丸のディスコ・バースディ・パーティ

デンマークで最後になるかもしれない夏丸のお誕生日。

本当の誕生日は7月2日ですが、学校がお休みに入ってしまうので、6月中にやることにしました。
どこにしようか相談するうちに、夏丸が「ディスコ・パーティをやりたい。」と言います。

ディスコ・パーティねえ・・・。曲を流しておけば、勝手に踊って楽しんでくれるかしら・・・?と、OKを出してしまいました。(後になって、考えが甘かったことが判明しますが・・・。)

クラス全員を招待した「夏丸ディスコ・バースディ・パーティ in 我が家」開催です。

約20人のクラスメイトのうち、男子・女子あわせて12人ほどが来てくれました。

でも・・・、8才の子供たちって、リードする大きい子や大人がいないと、曲を流していても大して踊らないんですね・・・。

結局、バンブー・ダンスやったり、リンボー・ダンスやったり、ビンゴ・ゲームやったり・・・。

仕舞いには、ビンゴの賞品の水鉄砲持って、庭で遊び始めてしまいました。まあ、好きにして~。楽しんでくれれば、それで充分!

11061803

バースディ・ケーキはアップル・ケーキ。

11061802

ディスコ・ミュージックは、Youtubeからかき集めました。

面白かったのは、マドンナのPVに男の子たちが一斉に釘付けになったこと。セクシーなのは、まだお許しが出てないのかな・・・?

夏丸のお気に入りは、コチラ。

| | コメント (0)

Summer Piano Concert 2011

夏休み前のピアノの発表会です。
ペンギンパパは、出張のため、残念ながら今回は出席できません。

今回、夏丸はトリを務めますが、ちょーっと練習不足でしたかねえ。

夏丸の演目は、次の4曲です。

  • Adagio from Clarinet Concert : W.A. Mozart
  • Minuet in G : J.S. Bach
  • Childish Chatter : Erik Satie
  • Nuovo cinema paradiso : E. Morricone

11061603

Rosalba先生を囲んで、生徒みんなで記念撮影。 みんな、頑張りました!

110616

| | コメント (0)

丸、Tシャツをデコレートする

アザラシママのお友達Yumiちゃんがくれた、接着剤のついたキラキラビースで、Tシャツをデコレーションしました。

バースティ・パーティで着るんだ!とはしゃいでいます。

110613

| | コメント (0)

サヨナラ、フィレンツェ

今日は、帰るだけです。

美味しいパスタ、美味しいピザ、美味しいビールとワイン、サヨウナラ。

11060501

今回の宿は、ホテル・ピエール。

ウフィッツィへもヴェッキオ宮にも歩いていける(我が家の場合は、お昼寝に戻れる(笑))とても、便利なホテルでした。

| | コメント (0)

丸、ジョットの鐘楼に登る

二つ目のお約束は、「塔に登る」ことでした。

「塔」とは、ドゥオーモの隣に建つ「ジョットの鐘楼」のこと。コレです↓

11060404

なかなか狭くて、長い道のりです。途中の休憩所(違うってcoldsweats01)で、休憩しながら登れるので、ドゥオーモよりはマシかなあ。

11060408

上まで登ると、隣にドゥオーモの屋根が見えます。ってことは、こっちの方が高い?

11060405

今日の締めは、24時間やっているメリー・ゴー・ラウンド。

11060406

広場では物産展のようなのをやっていて、地元に住んでいるらしい日本人女性が、美味しいオリーブオイルを教えてくれたので、お土産に購入。親切な人だったなあ。

| | コメント (0)

ウフィッツィ美術館

ウフィッツィ美術館はいつも混んでいて、チケットを買うのに並ばなければいけないとか。

確かに、長蛇の列。ホテルにチケットの手配をお願いして良かった~。

11060403

以前、爆弾テロ騒ぎがあったとかで、持ち物検査が厳重です。写真も撮れないのが、ちょっと残念。(廊下はOKのようです。)

ルネサンス時代の有名な作品が多いので、見ていて飽きない(他所では飽きてるのか?いえいえ・・・coldsweats01)美術館です。

11060407

最近、豪華な美術館ばかり行ってきたので、ウフィッツィ美術館の素朴な雰囲気に、ちょっと新鮮な驚きが・・・。しかも、とても居心地が良いのです。

もう一つ、ビックリしたのは、窓が開いていてツバメが飛び回っていること!おいおいっ!

テロ対策は厳重なのに、空調管理はラフなのねぇ。

なんか、フィレンツェでは、驚いてばかりいるような・・・?

| | コメント (0)

丸、ドゥオーモに登る

午前中、ガイドさんについて、街の中を改めて歩くことにしました。詳しい話を聞きながら眺めると、また違った印象になるかしら?

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会からヴェッキオ橋、ウフィッツィ美術館の前を通り、ヴェッキオ宮と大聖堂を見学します。

11060307

ヴェッキオ宮の中は凄かったですねえ。予備知識がなかったので、ミケランジェロとダ・ヴィンチの彫刻とか地図の間とか、感動しちゃいました。

11060305

これは、大聖堂の中。珍しく3人で写ってます。いつも誰かがカメラマンだからねえ。

11060301

一旦ホテルに戻って休憩(シエスタ?笑)。そして、夕方。とうとう登りますよ~、ドゥオーモに。

階段を登っていくと、途中で大聖堂の中と天井の壁画を見られる狭い通路にたどり着きます。ここでひと休みして、さらに登っていくと・・・。

11060302

ドゥオーモの屋根?の上に到着~!屋根が丸くなっているので、真下が見えませーん。

11060303

さーて、登った分だけ降りなければ帰れませんよねえ。下りの方が膝にくるんですよねえ。ブツブツ。

ホテルの近くの路上では、街頭画家さんが絵を描いていました。(メアリー・ポピンズに出てくるバートみたいだね。)

11060304

| | コメント (0)

フィレンツェ2日目

午前中、街を散策しながら3日間の計画を立てます。

どこに行っても、ピザとパスタとミルクがあるので、夏丸も大満足?

11060201

ヴェッキオ宮殿前のシニョリーア広場では、建国記念のイベントをやっていました。

11060205

ここから、ドゥオーモまで歩きます。「ドゥオーモと塔に登りたーい!」と夏丸。はいはいはい、後でね。

11060202

午後からは、効率よくツアーでピサ観光。

11060204

誰しもがやる「ピサの斜塔支え」? 夏丸の細腕で支えてあげますよ~!

11060203

| | コメント (0)

イタリア・フィレンツェの旅

夏休み目前だというのに、何故かたくさんお休みが入る夏丸の学校。

では、旅行を計画しよう!
(ヨーロッパを離れる可能性が高くなってきたので、ちょっと焦っております。)

木・金が学校のお休みなので、前日の水曜日と土日を加えて5日間。う~ん、ローマを観るには短すぎる。

じゃあ、フィレンツェに行こう!

コペンハーゲンからフィレンツェへは直行便がないので、ミュンヘンで乗り換えです。
仕方ないけど、水曜日は移動日。

でも、この時期は10時まで明るいヨーロッパ。
フィレンツェに着いたのは、9時近くでしたが、ホテルの周りのレストランは大いに賑わってます。

暖かい!湿気がある!久々にお肌が喜ぶフィレンツェです。

11060101

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »