« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

スキーレース&表彰式

いよいよスキースクールの最終日。各グループ毎にタイム・レースを行います。

ちゃんと名前がアナウンスされてからスタート。本格的ですねえ。

11021902

そして、レースの後は表彰式。

各グループの中で、好タイムを出した上位3名が表彰台にあがり、その他の子供たちもメダルをもらいます。

11021903

慎重派の丸は、惜しくも?表彰台を逃しましたが、きちんと丁寧にポールを回って滑れたので満足そうです。

楽しかったオーベレッヒのスキーも今日で終わり。明日はデンマークへ戻ります。

| | コメント (0)

スキーの後のお楽しみ

たくさん滑った後のお楽しみ・・・それは、ゴハンの時間。

110216

最近は、食わず嫌いも少しは改善してきた丸。
パスタやピザも食べるようになったし、「パンケーキじゃないとイヤだ!」と言っていたのが、クレープも食べるようになりました。(材料は同じようなもんなのに・・・ね。)

110217

滞在中、ホテルの何周年目かの記念日にあたり、記念パーティのお裾わけディナーを頂きました。

このホテル・ソネンブルグは、家族経営+といった感じで、夕食時にはオーナーが客席を回って挨拶をしてくれるアットホームなホテルです。
(美男・美女を配していたアルプ・デュエーズとはちょっと違う・・・。)

いつか記念パーティに呼ばれるような常連客になれたらなあ・・・なんてね。

| | コメント (0)

丸、スキー・スクールに入る

キッズ・スキー・スクールは子連れスキーヤーの頼もしい味方です。

もちろん親子でも一緒に滑って楽しみますが、やはりコーチがいるとワガママも我慢するし、同じ年代の子供たちと一緒にいれば、親とは違った楽しみ方ができますもんね。

こちらのキッズ・スキー・スクールは約一週間が基本単位で、日曜日にスタートし、金曜日にレースと表彰式で終了します。

レッスンは午前と午後、それぞれ3時間程度。午前か午後のどちらかだけ参加しても良いし、一日参加してもOK。

丸は一日コースに入りました。
午前中レッスンを受け、お昼を親と一緒に食べてから午後のレッスン。夕方に戻ってきて、ソリ遊びをしたり・・・というのが一日のスケジュールです。

110215

最初のレッスンでは、ランク下のグループに入れられてしまい、オチビに囲まれて困っていましたが、コーチもちゃんと見ていてくれて、午後にはランク上に編入していきました。

それでも、周りにはオチビが多いらしく、ペアを組んだ子のグローブやストックを持ってあげたりして、「お姉さん」らしく面倒を見てあげたそうです。

小さい子の面倒をみる・・・というのも一人っ子の丸には良い経験です。

| | コメント (0)

2011年の子連れスキー:Oberlech, Austria

今年2011年の子連れスキーは、オーストリアのオーべレッヒに決まりました。

スクール・ホリデーの2月13日から19日まで、めいっぱい使います!

オーべレッヒは、去年の子連れスキー第一弾で初めて行ったオーストリアのスキー場です。ゲレンデとしては、フランスのアルプ・デュエーズも捨てがたいのですが、なにせゲレンデ脇のホテルは高くて高くて・・・。(なにせ、お土産にホテルの名前入お皿までくれるんですからね。)

ということで、ちょっとお安めのオーべレッヒに・・・。

去年と同じく、飛行機でチューリッヒまで飛び、そこからはホテル手配のタクシーです。チューリッヒから2~3時間でオーストリアのレッヒに着き、ケーブル・カーでオーべレッヒまで登ります。

雰囲気としては、レッヒが志賀高原、オーべレッヒは奥志賀か渋峠って感じでしょうか?(そんな比較して良いのか?)

今年は暖冬のせいか、ちょっと雪が少なめで、所々に土が見えてますねえ。

11021401

それでも、さらにリフトに乗って上まで上がれば、この通り!雄大なアルプスを眺めながらロングランが楽しめます。

11021402

11021403

さて、これから一週間楽しみますよ~!

| | コメント (0)

これで今日から潤い生活?

冬でも夏でも一年中ドライな北欧の空気。カビは生えないけど、お肌カサカサです。

日本から、電気を使わない加湿器を買ってきたので、さっそく使ってみました。

110211

器に水を張って、特別な紙を浸しておくと、この紙が水を吸い上げて加湿してくれるとか。もともとは楽器用に考案されたそうです。

この加湿器専用のアロマオイルを入れておくと、リラックス効果もバッチリ?

電圧が違う地域では、こういう電気要らずの便利グッズは有難い!!

| | コメント (0)

Mayaのバースディ・パーティ

最近、ノルウェーから引っ越してきて夏丸のクラスに入ったMaya。

そのMayaのバースディ・パーティに招待されました。

Mayaのお家は、海の近く。お誕生日に招待されると、他所のお家がどんな風になっているのか垣間見られて面白いです。

ブルネイもそうでしたが、こちらでも一軒家を1階と2階に分けて別の世帯が住んだりすることが多いようです。

Mayaのお家もそんな一軒家の2階でしたが、最初はどちらの階に住んでいるのか分からずドアベルを鳴らすのを躊躇っていたところ、Maitliとお父さんがやって来て、適当にベルを鳴らしていました。(笑)

そんなものなんですね。

夏丸の年齢になると子供たちも自立してくるので、そのまま子供だけ預けられます。親は暫しの自由をもらえるので、誕生日会は大変有難いシステム!

今年は夏丸もパーティをやりたいと言い出すかも・・・。主催側は大変だあ。

110205

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »